よくある質問

カテドラル納骨堂関係



⇒ 「最初に支払う申込金だけで永久に納骨堂を使い続ける事が出来る」という意味では永代供養ではありません。あくまで納骨室を一定の期間内(管理費を払っている期間)お貸ししているものだからです。一般的にも納骨堂は墓地に埋葬する前の一時保管場所です。カテドラル納骨堂は管理費(年度毎)を支払えば、使用し続ける事ができます。「ご遺骨に対して祈り続けて貰える」という意味であれば、毎年11月に大聖堂で「教区納骨者および死者祈念ミサ」が行われ、納骨堂のご遺骨の芳名帳を奉納して、祈りを捧げていますので、永代供養だと言えるでしょう。
⇒ 納骨堂は1983年に完成していますので、納骨室に経年劣化がございます。また、ご希望される納骨室が以前使用されていた場合もあります。使用許可後に納骨室の移動は出来ません。ご見学時に希望される納骨室の状況を必ずご確認の上、使用申込みをして下さい。
⇒ 正式な使用申込みにお時間がかかる場合は、教区本部事務局までご連絡下さい。数カ月経過してもご連絡や使用申込が無い場合は、鍵のお取り置きは一旦取り消しをさせていただきます。
⇒ 使用申込時に骨壺一つございますが、使用の有無は使用者様の判断にお任せしております。斎場で納められた骨壺のままご納骨していただけます。ご使用しない場合は、お持ち帰るか教区本部事務局へご返却ください。
⇒ 納骨室に入る大きさであれば問題はございません。小さい骨壺でご納骨されて、帰天者のお写真や大事にされていたものを納められている方もおられます。また、骨壺の大きさにより納骨室に納められる人数も異なります。
⇒ 納骨室外の装飾やお供え品などを置くことはご遠慮ください。装飾品の落下や破損による怪我の可能性がございますので、ご遠慮ください。
⇒ 鍵や鍵穴の不具合がある場合は、教区本部事務局まで電話またはメールにてご連絡をください。鍵(二本一組)のご提出は不要ですので、納骨室の鍵はそのままお持ちください。外部へ鍵の修理を依頼しますが、施工会社の都合により約2か月かかります。ご了承下さい。今お持ちの鍵は修理後もそのままお使い頂けます。
⇒ 納骨室の鍵(二本一組)を紛失された場合は、鍵の取替費用として実費が必要です。
  2020年11月現在:取替費用 3,000円(税別)

鍵の取替後に旧鍵は使用できませんので、使用者様にて破棄をお願いします。なお、納骨室の鍵1本だけ紛失の場合は、残り1本のままご使用頂けますが、将来、納骨室をご返還される時には、鍵紛失による鍵取替費用が必要となります。

共同納骨所関係(※納骨袋について)


⇒ ご納骨をお申し出される時に、納骨袋1枚をお渡します。
大阪市の斎場で一般的に使用されている「五寸壷」(一寸=3.3cm)であれば、全てのご遺骨をお入れ頂けます。万が一、ご遺骨が納骨袋1枚で足りない場合は、納骨袋をもう1枚お渡しますのでご連絡下さい。
⇒ 名前をお書き頂いても大丈夫です。
⇒ 問題はございませんが、ご遺骨を移し替えた後の骨壺についてはご家族様にてお持ち帰り下さい。なお、共同納骨所は野外となりますので、当日の天候等を考慮してご準備下さい。また、合同墓参での合同納骨式は予め納骨袋にご遺骨を移し替えて現地へお越しください。毎年、大勢の参列者が来られ、共同納骨所前は大変混雑します。また、スムーズな式の進行にご協力いただきますようお願い申し上げます。
⇒ 教区本部事務局または所属教会から支給する納骨袋をご使用下さい。

埋蔵手続き関係


⇒ 納骨は出来ません。
「埋火葬許可証」とは、一般的に火葬した遺骨を納骨するときに必要な書類です。 墓地埋葬法により埋火葬許可証等の原本が無いご遺骨は受け入れられません。
⇒ お手元に埋火葬許可証がない場合は、死亡届を提出された市区町村役場に埋火葬許可証の再交付を申請して下さい。 なお、申請に必要な書類は市町村により違いますので直接お問い合わせ下さい。
⇒ 下記の公的書類があればご納骨は可能ですが、ご納骨先によって揃えて頂く書類が異なります。ご注意下さい。

 ① カテドラル納骨堂
 「埋火葬許可証交付済証明書」または「火葬(済)証明書」

 ② 甲山墓園共同納骨所・一般墓地
 「埋火葬許可証交付済証明書」または「火葬(済)証明書」

 ③ 神戸地区共同納骨所(舞子・とべら)・一般墓地
 「火葬(済)証明書」または「埋火葬許可証交付済証明書」に火葬証明印

 ④ 大阪市設南霊園共同納骨所・一般墓地(阿倍野)
 「埋火葬許可証交付済証明書」と「火葬(済)証明書 または 火葬証明印」(※両方)

 ⑤ 和歌山納骨所(五色台)
 「埋火葬許可証交付済証明書」または「火葬(済)証明書」

※ご注意
 - 自治体により若干名称が異なる場合がございますが、揃えて頂く書類は同じです。
 - 甲山墓園一般墓地(個人墓地)をご使用の方は直接西宮市へ埋蔵手続きを行って下さい。
 - 神戸地区は火葬証明がない場合は、ご納骨は出来ません。
 - 大阪市設南霊園は必ず「埋火葬許可証交付済証明書」と「火葬(済)証明書 または 火葬証明印」の両方が必要です。
⇒ 役場の窓口の方へ「埋葬が出来ない」旨を伝え、証明書の発行をご相談してみてください。
それでも難しい場合は、教区本部事務局管理課までご相談下さい。その際には、役場の連絡先と窓口担当者のお名前をお伝えください。
ご事情により教区本部事務局から役場へ連絡させていただく場合もございます。
⇒ 戸籍謄本や除籍謄本などからお亡くなりになられた場所から「死亡届」を提出した役場が分かる場合もございます。
⇒ 「改葬」とは、一度埋葬したご遺骨を、他のお墓(納骨堂や納骨所など)に移すことです。
 近年、墓じまいやカテドラル納骨堂を返還し、共同納骨所へ改葬される方が増えております。
⇒ 「改葬許可証」が必要となりますので、一般的な流れは下記のとおりとなります。なお、「埋火葬許可証」はご遺骨を最初にご納骨される時に納骨先へ提出する書類です。

①  改葬先(新しい納骨先)はどのような書類が必要かまずご確認下さい。
②  現埋葬先にてご遺骨があることを証明する「埋蔵証明書」または「収蔵証明書」を貰って下さい。名称が異なる場合もあるかと思いますが、「ご遺骨がある」との証明を管理者から頂いて下さい。ご遺骨は人柱分それぞれお手続きが必要となります。
③  次の改葬先の「使用許可書」または「埋葬(埋蔵)許可書」などの受入証明書を用意して下さい。
④  現埋葬先の市区町村役場にて改葬許可申請を行います。出向かれる前にどのような書類が必要なのかご確認することお勧めします。(戸籍謄本・委任状・身分証明・印鑑など)
また、郵送でお手続きできるのかなどご確認下さい。市区町村役場での改葬許可申請は時間かかる場合がございます。
⑤  改葬許可証が発行されましたら、ご納骨して頂けます。

納骨式関係


⇒ まずは、所属教会司祭に納骨式(日時)をご相談下さい。
⇒ 納骨日までに納骨届と埋火葬許可証(改葬許可証・分骨証明書)原本を教区本部事務局までご提出下さい。

多くの方が事前に郵送でお手続き頂いておりますので、納骨手続きのために教区本部事務局にご来館頂く必要はございません。
カテドラル納骨堂
土日を含め毎日9時~17時、納骨堂は開いております。
この間は納骨式をして頂けますが、祭壇を準備するシスターが日曜日は多忙な為、お断りする場合もあります。
また、教区行事や納骨式等で施設利用の先約がある場合は希望日時の調整をさせて頂きます。

共同納骨所
土日を含め多くの方は10時~15時頃にされておられます。
ただし、年末年始などはご納骨されている墓地墓園の休園日など確認されることをお勧めします。
※甲山墓園共同納骨所は㈱石常竹田石材店の立会いが必要となります。
同石材店の定休日(毎週水曜日・第二火曜日)以外でご調整をお願いします。

一般墓地(個人墓地)
土日を含め多くの方は10時~15時頃にされておられます。
ただし、年末年始などはご納骨されている墓地墓園の休園日など確認されることをお勧めします。
※信貴山墓地については事前にご納骨される旨を現地管理事務所に連絡して下さい。
⇒ 必要です。教区本部事務局に問い合わせ下さい。
⇒ 納骨式は概ね10~20分となります。
⇒ 問題ありませんが、典礼、お祈り等はカトリックの典礼に則っていただきます。
納骨式は皆様に式次第をお配りしてますので、式次第の「一同」の部分は、ご一緒に唱えて頂き、聖歌も可能であれば、ご一緒に斉唱下さい。
なお、服装は落ち着いたものが望ましいです。
⇒ カトリックの典礼(納骨式など)に則り、ご納骨して頂ければ差し支えありません。所属教会の神父様に納骨式(日時)をご相談の上、事務局にご連絡下さい。
カテドラル納骨堂
⇒ 祭壇にはシスターが生花か造花を準備されますが、ご持参も可能です。
また、ご持参されたお花は持ち帰られても、祭壇に置いて帰られても結構です。
置いて帰られた場合は、シスターの判断でお花は処置させて頂きます。

共同納骨所・一般墓地(個人墓地)
阿倍野共同納骨所は花立がございません。
お花をご持参頂いた場合は、お持ち帰り頂くようお願い申し上げます。
また、鉢植えのお花を置いたままにしないようにお願いします。
カテドラル納骨堂
食べ物や飲み物はお持ち帰りください。
納骨室扉前にビンや缶の飲み物を置いたままの方がおられますが、落下してお怪我をされる場合もございますので、ご遠慮下さい。見かけた場合は、撤去させて頂きます。

共同納骨所・一般墓地(個人墓地)
カラスや野生動物によって荒らされ、隣接する区画まで被害が出ますので、必ずお持ち帰りください。
⇒ 玉造教会(06-6941-2332)が窓口です。使用目的、使用場所、司式司祭名、希望日時などを窓口に連絡下さい。

教区及び玉造教会の行事等により日程を調整する場合もあります。なお、事務局が代行して玉造教会に連絡する事は行いません。
⇒ 必要です。所属教会神父様にご相談下さい。
⇒ まずは、帰天者様が所属していた教会の神父様へご相談下さい。また、各地区の年1回の合同墓参時にご納骨されるご家族様もおられます。ただし、合同墓参時のご納骨は事前に教区本部事務局までご連絡を下さい。

※ 甲山墓園(毎年5月第三水曜日)・神戸地区(舞子・とべら共同納骨所)毎年11月第一日曜日・阿倍野共同納骨所(毎年11月3日)
⇒ 数年先に納骨されるご家族様もおられます。ご納骨日時は所属教会神父様へご相談の上、納骨日時をお決め下さい。なお、共同納骨所に納骨後はご遺骨を取り出せませんので、この点はご注意下さい。
⇒ 出来ません。必ず納骨日までに納骨届と埋火葬許可証を教区本部事務局までご提出下さい。

プレート・墓碑刻銘関係(※一般墓地・個人墓地は除く)


⇒ 製作期間やご依頼時期により納骨式に間に合わない場合もあります。お名前や洗礼名の確認や、製作会社の状況や長期休暇(夏季休暇や年末年始休暇など)もございます。

※原則、短納期でのご要望にお応え出来ませんので、ご了承下さい。

カテドラル納骨堂
プレート 年二回(4月末・10月末設置)となり、締切は2月末・8月末が目安となります。ご希望によりプレートの作り替えもできます。取替費用は実費となり、7,000円(税別)取替時期は同じく年二回のみです。

共同納骨所(甲山・神戸地区・和歌山)
プレート 納骨届をもとに作製を行いますが、作製期間が約2カ月かかります。

共同納骨所(阿倍野)
墓碑刻銘 年一回(10月末刻銘)となり、締切は8月末が目安となります。
⇒ 同聖人でも届出者が納骨届(または使用申込書)にご記入された洗礼名の表記で刻銘致しますので、刻銘表記が異なる場合がございます。

例)名前の間の空白、もしくは「・」
「マキシミリアノ ・ マリア ・ コルベ」 または 「マキシミリアノ  マリア  コルベ」 

※「・」が無い場合は、名前の間は空白となります。

例)濁点あり・なし
「ヨゼフ」 または 「ヨセフ」 

例)「-」あり・なし
「エリザベート」 または 「エリザベト」 

例)名前のバリエーション
「アウグスチノ」 や 「アウグスティヌス」 や 「アウグストゥス」 など
⇒ 旧字体や間違えやすい漢字の場合は、納骨届(または使用申込書)の余白などにご注意書き下さい。

なお、特殊文字(旧字など)をご希望される場合は別途費用(実費)が必要となります。 別途費用が必要な場合は、申込者様へ連絡させていただきます。

例)渡辺・渡邊・渡邉 / 浜田・濵田・濱田 / 吉・𠮷 / 山崎・山﨑 / 高橋・髙橋 / 斎藤・齋藤・斉藤・齊藤 / 沢・澤
  エ・ヱ・ゑ / 恵・惠 / 蔵・藏 / 真・眞 / 巌・巖 など